スクリーンショット 2024-01-12 13.10.04
能登半島震災の救援やらない岸田
全ての原発をただちに停止しろ!

 能登半島の大地震から幕を開けた2024年。M7.6、建物が根本から倒壊し火事が広がり、すでに死者は200人を超え、3万5000人が極寒の中で避難を余儀なくされ、2000人が今も孤立している。岸田首相はまともな救援も行わないまま、平然と新年会にまわる。自衛隊には戦争に向けた訓練をやらせる。人の命などなんとも思っていない!

 志賀原発は外部電源の一部を喪失など、危機的状態。稼働中ならどうなっていたか。北陸電力は当初「異常なし」と発表し、その後も漏水の量も5分の1にごまかしていた。
 道路も破断しモニタリングポストも損傷、原発からの避難などできないことは鮮明になった。次の地震で最悪の事態になる可能性を持ったまま。未確認の断層、地震のメカニズムも未解明な地震で、海岸線も広範囲に隆起し、津波もわずか1分で押し寄せた。志賀町では原発の耐震基準1000ガルを超える2828ガルを観測したが、規制委は「新しい知見」とごまかした。昨年3月に原子力規制委は志賀原発直下の断層について「活断層ではない」などと判断し、再稼働に向けて動き出している。今すぐ全ての原発を停止しろ! 記者会見で「いまだに原発のことを発表しないのは卑怯だ」と訴えて質問しようとした記者を無視して帰る岸田首相。絶対に許されない。
 
 年末は避難者に対する反動判決が連発し、沖縄・辺野古新基地の代執行を裁判所が認めた。逮捕と政権崩壊におびえる自民党政権を、必死に支える反動の連発です。2024年は岸田政権との力の勝負。反戦・反核・反原発で立ちあがろう。今こそ「福島原発事故を繰り返すな!」の声をあげ、3・11反原発福島行動に集まろう。

〈もくじ〉

  ◆3•11福島へ① 能登地震で被害ごまかす北陸電力 志賀・柏崎刈羽再稼働するな …2ページ

  ◆3•11福島へ② 異論噴出した福島県民健康調査検討委員会 椎名千恵子    …3ページ

  ◆放射能汚染水放出ただちに中断を 11•18国際連帯集会の発言より       …4ページ

  ◆避難者訴訟 国の責任否定する判決を連発する高裁  事務局         …5ページ

  ◆NAZENヒロシマが総会 NAZENヒロシマ 渡子健              …6ページ

  ◆原発トピックス 一ヶ月のできごとまとめ                  …7ページ

  ◆能登すずなり保養への緊急カンパを  & スケジュール                 …8ページ